ばね指(弾発指)とは?

手の指を曲げて伸ばすときにバネのように引っかかりながら伸びたり、指を伸ばすときに痛みがあったりしませんか?
今回はそんな症状、ばね指について書かせて頂きます。

ばね指とは手や指の使い過ぎによって起こる指の腱鞘炎の事です。手の指には腱と腱鞘があります。腱鞘は腱を通すトンネルみたいなもので腱が腱鞘の中をスムーズに行き来する事で指がスムーズに動いています。この腱や腱鞘が何らかの原因によって肥厚したことによって腱や腱鞘が擦れて炎症などを起こして指が引っ掛かりを起こしてスムーズに動かなくなったり痛みが出てきたりします。曲げた指を腱が引っかかっているのに力ずくで無理やり伸ばそうとすると腱の引っ掛かりが外れて指がバネのように伸びるようになっている症状がばね指です。ばね指は両手のどの指にも起こりますが、特に多く起こりやすいのは親指、中指、薬指に多く起こりやすいです。

症状としては、朝起きた時のむくみやこわばり、指の付け根の鈍痛や腫れ・炎症、曲げ伸ばしがしずらい、伸ばすときに引っかかるなどがあります。症状が重度のものになると曲がった指が自分では戻らせることが出来なくなる症状も出てきます。

ばね指は、様々な方や年代でも出ることはありますが、特に多くみられるのがホルモンバランスの変化が多きい更年期や妊娠・出産後の女性に特に多く見られます。女性の場合はホルモンバランスの変化によって血流の流れが悪くなったり、筋肉や骨の強さが低下したりするために、ばね指は女性に多く見られやすいと言われています。出産後の育児で腕や指の筋肉を酷使することによって負担や疲労が積み重ねってばね指になるケースも多く見られます。女性の場合、男性に比べると筋肉が少ない事が多いので使いすぎによる負担が大きくかかり腱や腱鞘を痛めやすいと思います。

ばね指を起こす原因として考えられるのは、日常生活や仕事、スポーツなどによって指や腕の筋肉を酷使して負担がかかり炎症を起こして発症しやすくなります。特に現代では指先を使う事が日常でも多くあります。例えばデスクワークなどによる長時間のパソコンの使用や、ほとんどの方が持っているスマホも毎日使用していると気づかない間に指や腕の筋肉の負担になり疲労として蓄積されています。

ばね指になると改善するまでに時間がかかるものが多いです。ばね指になりにくくするためには、指や腕を使った後はほったらかしにせずに、炎症や熱感がある時はアイシングで筋肉や腱や関節の炎症を取り除いてあげたり、むくみやこわばりなどがある時はお風呂などで暖めてあげて血流を良くしたり、指圧やマッサージなどの施術で指や腕の筋肉や腱や関節のケアをしてあげたりすることも大切だと思います。少しでもおかしいなと感じたり症状が感じられた場合は早めに対処をして重度の症状になる前に改善することが重要だと思います。現在、ばね指や腱鞘炎でお困りでしたら当院にご連絡・ご相談下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA