子供のケガや体に対するお問い合わせが急増

毎年ですが当院は5月に子供のケガや体に対しての問い合わせが大変多くなる事があります。毎年この時期に多くなる理由としては学年の変化や環境の変化も大きく関係していると思います。

例えば部活動やクラブチームなどで学年が一つ上がったり、小学生から中学生、中学生から高校生などのように学年が変わることで、スポーツ競技の、球場やコートなどの広さや距離の拡大・競技時間・ゴールやネットなどの高さ、ボールの重さや大きさなど様々な条件が変わり、学年が上がることでスピードやパワーなどが上がっていきます。競技条件の変化や、競技のスピードやパワー上がれば筋肉や関節に今まで以上に負担がかかり疲労として蓄積されやすくなっていきます。

また小学生から中学生、中学生から高校生になって環境が新しくなると今まで以上に練習などを頑張ろうとして「オーバーユース」(使いすぎ)に本人も気づかない間になっている事が多いです。

新学年の4月から、競技条件や環境の変化で練習や試合を頑張りすぎて無理などが重なり体のケアなどをしないでいると、一ヶ月経った5月頃に体の疲労が蓄積されて体の各部分に痛みとして表れて、肩・肘の痛み、腰痛、股関節痛、足の痛み、肉離れなど様々な体の痛みやケガの症状で当院に多くのお問い合わせがあります。

頑張ることはとても大事ですが、頑張りすぎてむりをしてスタートで大きなケガをして練習などを長く休んでしまった方が先々、大きな遅れをとることになります。そうならないためにもお子様自身も自宅などで出来る体のケアを行う事が大事です。少しの痛みやハリ、違和感などを放っておかないで早期にケアをすることで大きなケガの予防にもつながりますのでもし現在、体の痛みやハリ、違和感などでお悩みがありましたらお気軽にご連絡・ご相談下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA