当院にも多く来院されるぎっくり腰

千葉県野田市尾崎のすまいる鍼灸整骨院です。当院は東武アーバンパークライン川間駅北口から徒歩約8分の場所にあります。
今回は当院にも来院される方が多いぎっくり腰について少し簡単にですが書かせて頂きます。

ぎっくり腰は、急性腰痛症と呼ばれているもので、特に多い原因は腰回りですが、腰回り以外の体の様々な要因によっても起こります。ぎっくり腰になる原因は、

長時間同じ姿勢(座りっぱなし、立ちっぱなし、中腰など)

疲労や筋肉の緊張

ストレスによる自律神経の不調

無理な体勢での作業

運動不足による筋肉の低下

急に体の負担が大きい運動

体重増加

慢性腰痛の放置

産前産後

この他にも様々な原因で腰回りや体の筋肉・関節などに必要以上の負担がかかってしまいぎっくり腰になってしまいます。ぎっくり腰の症状も、少しの動きでも大変なものから、痛みはあるが歩いたりは出来るものなど症状は様々です。また、脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニア、脊椎すべり症・分離症、坐骨神経痛などの症状からぎっくり腰になるケースもあります。

ぎっくり腰になって初期にしてはいけないのが腰を強く揉んだり、ゴリゴリ触ったりすることです。炎症がある部分を揉んだり強く触ってしまうと悪化するからです。ぎっくり腰の初期には腰の筋肉や関節に炎症が起こっています。初期症状や炎症が落ち着いて慢性期になれば逆に暖めたり、ストレッチや体を動かしたりする事は痛みの早期改善につながりますが、初期に自分で無理にしてしまっては悪化する事があるからです。その場でぎっくり腰になった場合に自分で対処する時は安静にして冷やす事くらいにしておいた方がいいと思います。

ぎっくり腰になった時は、痛みを我慢せずに早期に適切な施術を受けたほうが早く痛みが改善されます。ぎっくり腰になった場合は症状の程度に関わらずにしっかりと施術を受けて改善しておかないとクセになり、ぎっくり腰が再発しやすくなるケースがあるからです。ぎっくり腰になった時は痛みを我慢せずにすぐに施術をして改善されることをお勧めします。

ぎっくり腰になるとどうしていいか分からない事も多いと思いますので、ぎっくり腰になってしまったり、又はその前兆みたいなものがあると思われたら、我慢せずに早めにお気軽にご連絡・ご相談をして頂ければと思います。

その他、すまいる鍼灸整骨院では首や肩のコリ、頭痛、ぎっくり腰や慢性的なつらい腰痛、ヘルニアや坐骨神経痛、すべり症・分離症などのお悩みの他にも、日常生活におけるケガやスポーツ傷害・ケガ、交通事故によるムチウチや体の痛みなどの様々なお体のお悩みを改善致します。現在、体のお悩みがあり、お困りの方はお気軽にご連絡・ご相談下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

指圧の効果

次の記事

子供の肘・肩の痛み