鍼について

今回はについて少し書かせて頂こうと思います。
鍼を身体に打つことによって改善が期待できるものは、

・筋肉の緊張の緩和

・痛みの緩和

・血流の改善・促進

・細胞の活性化

・免疫力の活性化

など様々な体の改善が期待できます。

体の痛みを緩和させるときに鍼を打つことで体内の組織に傷がつきます。人間の体は傷ついた組織を修復しようとする働きがあり、傷ついた組織が修復される時に傷の周辺の血流量が増えて血流がよくなります。そうなる事で筋肉の緊張も緩和されて、筋肉が柔らかくなり痛みやコリなどが緩和されて体が改善されていきます。


また鍼を打つことで自律神経の機能の調整をしバランスを整える効果も期待できます。よく自律神経と言う名前は聞くと思いますが、自律神経には交感神経と副交感神経があります。
交感神経とはケンカなどをしたり興奮している時に優位に働いてる神経です。副交感神経は、寝ている時などリラックスした状態の時に優位に働きます。鍼によって交感神経優位の興奮してる状態を抑え、副交感神経とのバランスを整え、眠れない・眠りが浅いなどの症状が改善されて睡眠の質も改善する期待ができます。

鍼は神経症状、頸椎や腰椎などのヘルニア、頭痛、首コリや肩コリ、腰痛、捻挫や肉離れなどの急性的な症状から慢性的な症状に幅広い改善が期待できます。すまいる鍼灸整骨院でも鍼の施術によって症状が緩和された方が多くおりますのでお困り事がありましたらご連絡・ご相談下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA