冷やす場合と暖める場合

よく痛みがある時に冷やした方がいいのか暖めたほうがいいのか分からないと、施術に来た方からお話を頂きますので私個人の考えをお話させて頂きます。

冷やす場合、アイシングなどはケガの応急処置やスポーツ後の筋肉などの炎症を抑えたりメンテナンスの目的で用いられている事が多いです。
アイシングは、血管を収縮させて炎症を抑え痛みを軽減させる効果があります。またスポーツ後や、ケガの受傷後の細胞の代謝を抑制し、細胞の活発を抑えて損傷部の炎症を防いでくれる役目があります。
捻挫、打撲、肉離れ、寝違え、ぎっくり腰、などの突発的な急性のケガや痛みなどの初期症状などには炎症や腫れを抑える為にも冷やすことの方がいいと思います。

アイシングをする場合はビニール袋に氷を入れて行うのが効果的だと思います。
アイシング時間は基本的に15分~20分程度と言われていますが、アイシングをやりなれていなかったり、感覚が個人差によって違うので無理して我慢をしながらアイシングを続けていると、凍傷や神経を損傷したりする場合もあるので、アイシングをしている場所があまりにも痛みを強く感じたりしたら無理をせずに、初めの間はインターバルを取ったり、アイシング袋に軽くタオルなどを巻いたりして調節しながらアイシングをすることをお勧めします。

暖めた方がいい場合は、日常生活習慣からくる疲労やコリなどの慢性的な腰痛・首や肩のコリなどの炎症がなく筋肉の緊張がある時には暖めた方がいい場合が多いです。
暖める事によって血管が拡張して血液の流れが改善されやすく栄養を運んだり老廃物を流したりなどの効果が期待できます。
現代では、スマホの使用やパソコンなどのデスクワークが増えて長時間の同じ姿勢でいる事が多くなっています。筋肉は長時間、同じ姿勢でいることで負担が大きくなり筋肉が硬くなり、コリや痛みとして体に表れてきます。

特に、これから気温が上がり暑くなっていくと、冷たい食べ物や飲み物などを多く取ったり、日中はクーラーなどで体が冷えてしまったりしてくると思います。家でシャワーだけで済ますのではなく、出来るだけ湯舟につかり体を温めてあげることをお勧めします。長時間も浸かる事はありませんので、39度や40度位で体がしんどく感じない程度にリラックスできる程度がいいと思います。

先ほど、捻挫や肉離れ、寝違え、ぎっくり腰などはアイシングをしたほうが良いと言いましたがあくまで、アイシングは急性的な時で炎症や腫れが起きてる場合です。捻挫や肉離れ、寝違え、ぎっくり腰などもずっとアイシングするのではなく、状態を見て暖める方向に切り替えてあげた方が効果的な時もあります。その見極めが難しくて分からない場合はお気軽にご相談下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA