腰椎分離症に対して(個人的な考え)

本日は腰椎分離症に対しての私の個人的な考えを書かせていただこうと思います。腰椎分離症とは簡単に説明すると腰椎という腰の骨の後ろにある椎弓という場所が疲労骨折を起こした状態の症状です。特に成長期における未発達な子供の骨がスポーツなどで腰を捻る動作やジャンプなどを繰り返して行いオーバーユース(体の使い過ぎ)による負担が蓄積されて起こります。

先日、当院に男の子のお母さんから腰椎分離症に対してのお問い合わせがあったので来院して頂き直接お話を詳しく伺う事にしました。お話を伺うとスポーツをしていて腰に痛みがあったので、3週間ほど前に病院に行き画像検査を行った所、腰椎分離症と言われました。画像でも分離している場所がわかったとの事でした。現在の症状としては日常生活には痛みやしびれなどはないが、ジャンプをしたり腰を捻る動作をするときには腰に痛みが強くあるとのことでした。相談内容としては数日後に試合があるので何とかなりますでしょうか?と言う内容でした。

お話を伺った結果、今の状態では私が施術する範囲を超えている事と、今の状態で施術をしても効果が期待できない事、今の状態で無理をしながらスポーツを続けて行った後のこれからの子供の体へのリスクをお伝えさせて頂き申し訳ありませんが施術をお断りさせて頂きました。

上記で書いたように腰椎分離症は腰骨の疲労骨折です。骨折なので最優先するべきは骨がきちんと癒合(くっつく事)する事です。今はまだ日常生活においては痛みやしびれなどが出ていない状態ですが、疲労骨折をしている状態で無理にスポーツをすることによって骨が癒合せずに症状が悪化して終末期になると手術をしなければならなくなる可能性や、手術までいかなくても日常生活ににおいても痛みやしびれが強く出て歩行することが困難になる場合もあるからです。無理をしているとそのまますべり症になる可能性もでてきます。子供の試合に出たい気持ちとお母さんの試合に出させてあげたい気持ちは本当に良く理解できましたが、残念ながら今回の症状では申し訳ありませんが私ではお力になれないので施術をお断りさせて頂きました。

当院には、過去に分離症をして今は骨がきちんとくっついているが、その後も腰痛があり痛みが改善されないなどの症状で来院され、そのような腰痛症状の方の痛みは改善してきています。

今回の症状でも私なら出来るといわれる施術者もいるかもしれません。しかし私は、数多くの整骨院などの中から当院を探していただいてわざわざご連絡頂き、来院してお話を伺わせてもらった方に今の私に出来る最大限の事は、無理に施術する事ではなく、今の症状を一日でも早く改善するための方法、そのためには一番に骨の癒合を考える事、無理をして動かしたときに将来どのようなリスクや痛みが出てくる可能性があるかなどをお伝えする事だと判断しました。

今回はお力になれずに本当に申し訳ない気持ちです。今後、もしお力になれる症状の時にはまたご連絡頂ければと思っております。今は症状が悪化せずに一日でも早く改善して痛みのない今まで通りに生活が出来ることを願っております。

当院では症状に対して、施術をして良くなるものと良くならないものを判断させて頂きお力になれない症状の場合、大変申し訳ありませんが施術をお断りさせて頂く場合がございます。施術をお断りさせて頂く場合もただお断りするのではなく、その方の症状は今後どのようにしていけば良いかなど一緒にご相談させて頂ければと思いますので、お体の痛みやお悩みがございましたらご連絡・ご相談下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA